マンションの修繕工事とは?将来のために身につける知識

ブランコで作業

マンション修繕工事について詳しく知ろう

マンションの所有者や住居者は必ず体験するであろうマンション修繕工事。修繕工事中のマンションが鉄骨に囲まれているところを目にすることも多いかと思います。
そもそもマンション修繕工事とはマンション管理の一部で、マンションの共同部分の安全や快適な住居環境の維持をする目的で行われます。周期は12年、15年、30年というような間隔で、住民から集められた修繕積立金が使われます。
修繕工事では、マンションが建設時の状態に近づくように、またはより良くなるように様々なことが行なわれます。
例えば、外壁の塗り替えなどはオーソドックスな修繕工事ではないでしょうか。
年数が経てば経つほど雨風に晒された外壁は劣化し、元の鮮やかな色合いはなくなっていきます。外壁を塗り替えることで、見た目の姿をより建設当初に近づけることができるのです。
また、バルコニーや屋上の防水工事もよく行われます。
基本的には建設時に防水加工が施されていますが、やはり時間とともに剥がれ落ち水を防ぐことが難しくなってきます。そうなると壁や内部が崩れたり、腐ったりということが起きかねません。建物の安全性を保つ上で、この防水工事は非常に重要な役割を担ってくれているのです。
マンション修繕工事を考えている方は、専門業者へ依頼することでスムーズに作業を行ってもらうことができます。金額や施工期間など、自分の要望をきちんと伝えて意思の疎通を図ることが大切です。

マンション修繕工事はどこに依頼するのか?

マンション修理、修繕工事というのはマンション組合で行う事もありますし、賃貸であればそれは大家が行うということになります。マンションオーナーさんであればマンションの修繕は当然、自分でやらないといけないことになります。賃貸の場合は修繕工事云々のすべては自分持ちになります。どのように資金を積み立てていくべきであるのか、また何処に依頼するべきであるのか、というのがなかなか難しい問題になりまするまた、どのような修理が必要になってくるのか、というのも修繕工事によって違う事になりますから、それは専門業者へ依頼するようにしましょう。要するに専門的な知識があり、しっかりとした工事のノウハウがある業者、ということでもあるのですがマンション管理をしているところに相談するということがお勧め出来ます。これができるようになりますと総合的に管理を依頼する事ができます。修繕工事に関することも相談をすることができます。いざ依頼するということになりますと費用がかかることではありますが、それでも自分の知識ですべてを済ませようとするよりは遥かに成功することになります。その可能性を十分に高くすることができることでしょうからお勧め出来ます。

マンション修繕工事の目的と周期の目安

マンションは入居者が何十年と住み続けることを想定して建築されていますが、外壁などはどうしても経年劣化が避けられません。外壁塗装や防水工事で想定される寿命は、マンション全体の寿命よりもずっと短いのが普通です。マンションの状態を可能な限り新築当初に近いレベルまで戻して資産価値を高める目的で、塗装工事や防水工事といった定期的な修繕工事が行われます。
このようなマンションの大規模修繕工事は12年ごとに行うのが一般的とも言われていますが、これは国のガイドラインに従った場合の数字です。外壁塗装や防水工事といった大掛かりな修繕工事を行うにはマンションに足場を組む必要があって、費用の内訳を見るとこの足場の占める割合が大きいことに気がつきます。そのためマンションの修繕工事は周期の短い工事の工期に合わせて他の工事も同時に施工し、足場を組む費用を節約するのが一般的です。
そうした修繕工事の周期はマンションの状態や築年数によっても変わってきますが、耐久性の高いマンションでは15年から20年に1回程度の周期で済むと診断される可能性もあります。いずれにしてもマンション修繕工事は十数年に一度という大規模な工事となるため、技術力の確かな専門業者へ依頼するのが無難です。施工実績の豊富な専門業者を利用すれば、次に修繕工事を行う十数年後まで入居者もオーナーも安心できます。


安心できる!マンション工事をするなら「ブランコマン」がおすすめです。多数の施工実績があり、お客様からの信頼も厚いので、安心してお任せすることができますよ!

PICK UP

TOP