マンションの修繕工事とは?将来のために身につける知識

ブランコで作業

マンション修繕工事の計画から着工までの流れ

光るマンション

マンションを経営されている方なら、必ず行わなければならないのが修繕工事です。一般的にはおよそ12年から15年周期で大規模修繕工事を行うと言われており、それを超えると外壁、内装ともに劣化してくる恐れがありますし、資産価値も下がります。入居者が安全かつ快適に暮らすためにも、定期的にメンテナンスを行うのはオーナーの務めです。
ただ修繕工事は計画が立ち上がったからといってすぐに工事に取り掛かれるわけではありません。計画立案から着工までにはいくつかの段階を踏む必要があるのです。
その流れですが、まず第一にマンションそのものの点検、診断を行うところからです。次に修繕工事の詳細な計画書を作成します。そして最後が業者選びです。豊富な実績と高い技術力、さらにアフターフォローも万全な専門業者へ依頼をしましょう。
そのためには相見積もりが必須です。複数の業者から見積もりを取って、じっくり吟味してから信頼できるところに修繕工事を任せたいものですよね。
またマンションの修繕工事を行う際には、入居者だけでなく近隣住民への説明や挨拶周りも欠かせません。工事に騒音はつきものですし、工事車両の出入りも頻繁にあるので、近隣住民への配慮も忘れないようにしましょう。

PICK UP

TOP